ジャパンライム株式会社が運営するバスケットボール専門の練習・情報配信サイトです。

8/19アップロードコンテンツ

【編集室のイチオシ】 

2個のボールを使うことでドリブルの負荷を上げる

1、上級者向けツーボール・ミラードリル

2個のボールを使い、視線を上げた状態でドリブルをし続けることで、実際のゲーム時に、より簡単にドリブルをすることができるようになるでしょう。

2人組ペアを作り、片方のプレーヤーがイニシアチブを取り、もう一人はミラーのように動きに合わせてついていく、上級者向けのドリブルドリルです。

楽しく、ドリブルスキルを上達させよう。

対象:中学生〜プロ

【こちらもおすすめ】 

ゾーンディフェンスに対するBOLB

2、ヴァンダービルト大学:2-3ゾーン・BLOB・4ローボールスクリーンプレー

ゾーンディフェンスを仕掛けてくる相手に対して、コーチはベースラインアウトオブバウンズ(BLOB)からのセットプレーも準備しておく必要があります。

BLOBからしっかりとボールをインバウンズ、その後すぐにセットオフェンスに移行できれば、ディフェンスは対応に困るでしょう。

普通のゾーンセットだけでなく、BLOBからのゾーンセットも、プレーブックに加えておこう。

対象:高校生〜プロ

3、オールドスマー・クリスチャン高校:2-3ゾーン・バックサイド・ロブプレー

効果的なゾーンプレーを行うには、まずディフェンスをボールに集中させる必要がある。

そしてプレーヤームーブメントとボールムーブメントによってディフェンスをシフトさせる。

このロブプレーは、ディフェンスの注意をボールに集中させることでバックサイドへの意識をそらし、

ロブパスをすることで、イージーにフィニッシュすることができる。

4、フォローザリーダー・交互のツーボールドリブルドリル

このドリブルドリルでは、プレーヤーは両手でドリブルをしながら、

常に視線を上げ、フォローしているパートナーを常に見ておかなければならない。

なぜこのドリルが良いかというと、実際のゲームで起こる状況よりもさらに難しい状況を作り出すことができるからだ。

5、コンペティション・コーンタッチ・ドリブルドリル

コーンタッチ・ドリブルドリルは、ボールハンドリング、コンディショニング、シンキング(考えること)、そして競争、これらすべての要素がドリルの中に組み込まれている。

常に視線を上げ、低い姿勢をキープする。できる限り早くドリブルし、

疲労が溜まってもカウントすることを忘れないようにする。スピードの限界に挑戦する。

6、ムーブリズム・ドリブルドリル

ボールハンドリングを向上させること、そして素早くドリブルムーブを行うことで、ボール扱いがスムーズになる。

このドリブルドリルでは、より早く、動きを止めることなくドリブルムーブを行うことで、

ボールハンドリングを向上させることができる。

7、クロスオーバーリズム・ドリブルドリル

このドリルでは、姿勢を低くキープ、ボールハンドリングとフットワークを向上させることが目的だ。

チーム内で主要なボールハンドラーであれば、このドリルを行うべきで、当たり前のようにできるようになる必要がある。

このドリルは、1人でも、少人数のグループワークアウトでも、チームドリルとしても行うことができる。

8、ビハインドザバック・ウォーキング・ツーボールドリブルドリル

最初に行う時には難しいと感じるかもしれないが、慣れた頃には、

どれだけボールハンドリングが向上したか、その成果を実感することができるだろう。

ゲーム中にもドリブルについて心配する必要はなく、フロア全体を確認することができるため、

正しく、より効果的なプレーを遂行できるようになる。

9、ベースライン・アウトオブバウンズ・ゾーンプレー【概要説明】

どのチームも、相手チームが行う可能性のあるディフェンスに対応するための

3〜4個のベースライン・アウトオブバウンズプレーを準備しておくべきだ。

1試合で、インバウンズプレーから、4〜8点奪うことが理想だ。

10、ロブ・ゾーンプレー【概要説明】

バックサイドでロブ・ゾーンプレーを行う時に、ディフェンスをシフトさせる、つまりディフェンスの陣形を揺さぶることが大切だ。

ディフェンスを引きつけ、しっかりとスクリーンをセットすることが、プレーを成功させるための鍵となる。

ロブプレーは、イージーバスケットを奪うことができるとても有効なプレーだが、同様に、チームに勢いをつけるためのプレーでもある。