ジャパンライム株式会社が運営するバスケットボール専門の練習・情報配信サイトです。

ドリルの分類について

BCTVでは、数多くのドリルを紹介しています。より効率的にそれらを使用していただくために、各ドリルのタイトル下に、下記の分類表示をしています。これらを目安に、チーム事情に合わせて適宜組み合わせてご利用ください。

■レベル別分類

初級ドリル:

小学生以下、ミニバスレベル

中級ドリル:

中学生、高校生レベル

上級ドリル:

大学生以上、プロレベル

■用途別分類

W(ワークアウトドリル):

プレーヤー数人(理想は2~3人)とコーチで行う少人数練習。主にオフシーズン(シーズン前など)に行い、プレーヤーのストロングポイントをさらに強化、またウィークポイントを改善することができる。

S(スキルドリル):

スキル習得、向上に特化した練習。特定の動きを反復練習して鍛える。スキル習得と向上のためには、一定期間、継続的にドリルを続ける必要がある。毎回の練習で良い習慣を身につけ、適切な動きを身体に覚えさせるため、細部にまで注意を払う必要がある。

T(チームドリル):

チーム全体で行う練習。プレーヤー個人のスキルよりも、チーム力の向上(コンビネーションやチームケミストリーの構築)にフォーカスしている。チーム練習を行うことで、取り組んできたワークアウトドリルやスキルドリルの成果を発揮することができ、試合に向けてより実践的な練習を行うことができる。